本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

釣りNEWS

最近、コロナ禍で暗い話題ばかりですが、そんな中明るいニュースが飛び込んできました!

それは・・・・

本牧海づり施設が沖桟橋も含めて全面復旧!!

ついに2019年の台風15号で壊滅した本牧が完全復活します!!!ヽ(´∀`)ノ バンザーイ!!なんて嬉しいニュースでしょう。゚(゚´Д`゚)゜。 台風で壊滅した時には釣り施設自体が閉鎖されてしまうのではないかと意気消沈しましたが、横浜の憩いの場がついに戻ってきます!!

どういったことなのか詳しく見てみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横浜市公式発表 工事進捗

情報元は横浜市の公式ホームページからです!ですので確かな計画と情報になりますね(´∀`)

これによりますと、修復の進められていた管理棟は2月5日から、既に運用が開始されており、休憩所、トイレ、売店が以前と同じように営業再開されます。

また肝心の沖桟橋は3月下旬頃に全面開放されるとのことです。

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!
引用元:横浜市

渡桟橋は現在月~土曜日は片側開放、日曜日のみ両側開放となっていますが、これも3月下旬頃から全面開放となるようです(´∀`)

3月下旬というと、冬も終わり暖かくなってきていろんな魚が釣れ出す頃です!!素晴らしいタイミングで本牧が復活することになります。

また、市の担当者は

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

管理棟からは本牧沖の眺望も楽しめるようになった。釣り桟橋の復旧工事も進んでいる。釣りファンは楽しみに待ってほしい

といった話もあり、管理棟2Fの休憩所も是非利用してみたいですね!!(´∀`)

施設入口と桟橋への行き方

新管理棟が運用される前は売店の脇から入るような形でしたが、2月5日からは2019年以前と同じ入口になり、桟橋へも管理棟を抜けて、それぞれの釣り場へ出れるようになっています。

本牧海づり施設
本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

本牧は沖桟橋が開放されると最大入場者数は700人とマンモス釣り公園です!ここ数年、春~秋頃は大黒海釣り施設、磯子海釣り施設と入場制限が毎日のようにかかっていましたが、これで解消されるかもしれませんね(´∀`)

おすすめの釣り方

本牧海づり施設は、護岸、渡桟橋、沖桟橋と状況の違う釣り場を選べるのも魅力であり、潮通しの良い場所と人工的に沈められた漁礁で豊富な魚が釣れる東京湾でも随一の釣り場です。そんな釣り場でのお勧めの釣り方を紹介します。

サビキ釣り

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

海釣り定番の釣り方!!ファミリー層にお勧めの第一候補です(´∀`)

場所:新護岸、旧護岸、渡桟橋、沖桟橋

時期:5月~10月

本牧は足元にテトラ等の障害物はなく、水深も10m近くあるので、サビキを落としてイワシ、アジ、サバ、コノシロ等の回遊魚を狙うことができます。

本牧地形
本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

またサビキをする場合、針に直接アミエビをひっかけるトリックサビキという仕掛けがお勧めです(´∀`) 

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

針に直接アミエビが付くので普通のサビキよりもよく釣れます。トリックサビキの場合は基本コマセカゴはいりませんが、自分はつけています。明らかに普通のサビキよりも食いがいいので、他の人と差をつけれます!

トリックサビキ
本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

ちょい投げ釣り

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

ちょい投げ釣りは針が2本ほどついた仕掛けでイソメという虫餌を付けて、少し遠くに投げる釣りです。初心者の方には本格的に遠投するのは難しいですが、チョイ投げはコツさえ掴めば簡単で、ファミリー層にもお勧めです

場所:新護岸、旧護岸、沖桟橋

時期:4月~11月

また本牧には船を沈めた漁礁が沢山あるので、投げ釣りでカレイ、イシモチ、アナゴ、カサゴ、メバル、カワハギ等が期待できます。本牧では胴付き仕掛けがおすすめです、根掛りも減り、アタリもとりやすいです。

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!
created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥194(2022/09/20 08:48:19時点 Amazon調べ-詳細)

エサはイソメを房掛けにするとカレイ、短めにつけるとキスがかかりやすいです(´∀`)

投げ釣り仕掛け
本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

ヘチ釣り

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

本牧は水深も深く護岸の岸壁が長く続いているので、ヘチにイソメやカニをゆっくり落としていく、ヘチ釣りという釣り方でクロダイが良く釣れます。ヘチ(岸壁)スレスレにゆっくり落としていくのがコツです。

場所:新護岸、旧護岸、渡桟橋、沖桟橋

時期:3月~10月

ヘチ釣り仕掛け
本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

アタリには様々な出方があり、一気に持っていかれるアタリ、落ちていくラインが早まるアタリ、ラインが止まるアタリがあり、どこで合わせるかが釣り人のセンスであり、魚との駆け引きで面白いところです。またクロダイの強烈な引きも魅力の一つです。

タコ釣り

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

初めての人は驚きますがタコって実は簡単に釣れてしまうんです。普通の釣りに飽きた!という人にお勧め。

場所:新護岸、旧護岸

時期:5月~11月

普通のエギ、またはタコエギを遠くに投げ、底をズル引きすることでタコを釣ることが出来ます。タコのアタリは根掛りのように、グググ!っと重たくなるので、竿をあおるように大きく合わせるのがコツです。そのまま重くなったらタコの確率が高いので、テンションを緩めないようにゴリ巻きしましょう!ヽ(´∀`)ノ

タコ釣り仕掛け
本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

まとめ

横浜・本牧海づり施設全面復旧のニュースをお届けしましたが、釣り人にとってはとっても嬉しいニュースですね(´∀`) 無くなっていかに本牧海づり施設が大きな存在であったか気づきました。今後も本牧で楽しい釣りが出来るようにみなさんもマナーを守って大切に使わせてもらいましょう!!ヽ(´∀`)ノ

本牧海釣り施設

本牧海釣り施設工事進捗状況:沖桟橋を含め3月下旬頃に全面復旧!!

神奈川県の横浜市にある海釣り公園フィッシングピアーズの一施設です。2019年の台風の被害で沖桟橋と渡り桟橋がなくなり、現在は新護岸と旧護岸のみの営業になります。

新本牧埋め立て工事に伴い、現在新護岸は工事中で閉鎖されていますが、ゴールデンウィークの4月29日~5月6日の間は新護岸が開放されるそうですヽ(´∀`)ノ

基本情報

 本牧海釣り施設
住所〒231-0811 神奈川県横浜市中区本牧ふ頭1
TEL045-623-6030
営業時間

4月~10月 6:00~19:00
11月~2月 7:00~17:00
3月    6:00~18:00
定休日:年末・年始(12/31~1/1)
※荒天の際、臨時閉場する場合があります。

アクセス

自動車の場合
・首都高速湾岸線・本牧ふ頭ICから左折してD突堤方面に進んだ突き当り(約5分)
・首都高速狩場線・新山下ICから直進して本牧ふ頭D突堤方面に進んだ突き当り(約8分)
公共交通機関
横浜駅東口または桜木町駅から26系統 『海づり桟橋行き』
または『横浜港シンボルタワー行き』で「海づり桟橋」下車

地図

料金

 大人中学生小学生
個人つり
料金
1回券900円450円300円
回数券5枚3,150円1,570円1,050円
10枚5,400円2,700円1,800円
20枚

9,000円

4,500円3,000円
見学
料金
1回券100円50円50円
団体
(20人以上)
つり
料金
1回券450円220円150円
見学
料金
1回券50円20円20円

コメント

error:Content is protected !!